<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Fly Fishing in Singapore - 2009 (2)
自分も含めて6人での釣行。全員フライフィッシングをします。島を歩きながら釣りを始めましたが、しばらくバイトは全く無し。かなりの強風が吹いてきたので風裏に入るとロングトムの大群が。ミノータイプのフライをキャストし、リトリーブすると魚は追ってくるけど、バイトには持ち込めませんでした。
また場所を移動し、クラウザーミノーでボトムを攻めてると待望のバイト!8番ロッドを使っていましたが、ティップが少し曲がる程度の小さな引き。ファイトする間もなくあがってきた魚は、Spanish Flagという生まれて初めて見る魚でした。15センチにも満たない小魚。2009年の釣りはこの小魚で幕を明けました。
d0147755_22364624.jpg

この島では結局この1匹のみ。同行の5人もノーフィッシュに終わりました。ソルトフライは厳しいです。

今度はピーコックバスに挑戦するためにBedok Reservoirというところに一人でやってきました。この湖は市民の憩の場になっているようで、ジョギングをする人、タイチをする人などいろんな人で賑わっています。もちろん釣りをする人もいます。でも釣りを出来るのは一部の場所のみ。写真にある桟橋のみ釣りが許可されています。この桟橋には釣り人だけでなく、いろんな人がやってきます。フライフィッシングにはかなり厳しい場所です。
d0147755_22371729.jpg

手持ちのフライで一番小さかったのが2/0のクラウザー。ピーコックバスを狙うにはこれではかなり大きいようで、事前にCohoの店員にフライ(クレイジーチャーリー)をもらってきました。ロッドも今回は8番しか持ってきていませんでしたが、シンガポール人達はいつもは4番くらいのロッドを使うようです。
さて、釣りを始めましたが、多くの釣り人が攻めている場所だけに簡単には釣れません。桟橋の一番端に移動し、その外側からキャスト。リトリーブしているとバイトらしきものが。メダカのような魚がフライの先についていました。しかしその模様は紛れもなくピーコックバス。子供の頃に開高健の本を読んで以来、憧れていた魚。しかしその魚とはあまりにもかけ離れていました。フライで釣った魚の最小記録更新です。
d0147755_22373234.jpg

これくらいの魚が5匹釣れましたが、一番大きかったのが最後に釣れた魚。それでも20センチ弱といったところです。
d0147755_22375174.jpg

こんな小魚達で始まった2009年の釣り。今年の目標は大きく、ブリスベンリバーのメーターオーバーのスレッドフィンサーモンですが、どうなることやら・・・
[PR]
by flyrdr | 2009-01-19 23:10 | フライフィッシング
Fly Fishing in Singapore - 2009 (1)
2008年の釣り納めは、結局シンガポールでボウズ。ブリスベンで年を越して、またシンガポールに出張してきました。もちろんロッド持参で。

今回は2009年初釣りも兼ねてます。ボウズだけは避けたいところ。情報収集のためにCohoというフライショップに行ってきました。シンガポールのフライフィッシングの話を聞くと、皆一様に厳しいの一言。周囲を海に囲まれているシンガポールですが、アクセスできるところは限られていて、しかもその殆どが釣り禁止。釣りしているのが見つかったら勿論罰金です。ソルトで釣れる魚は、クイーンフィッシュ、GT、バラマンディ、ターポン、ロングトム、スパニッシュフラッグなど。過去に一度だけパーミットが釣れたこともあるらしいです(ショップに写真がありました)。フレッシュの釣りはピーコックバス、アロワナ(グリーンアロワナ)、トーマンなどが釣れるらしいです。この中でのメインはやはりピーコックバス。かなりアグレッシブな魚で、魚がいるところにフライを投げればまず釣れるとのことです。因みにフレッシュもソルトと同じく、殆どの場所で釣り禁止。釣りができる場所ではルアーや餌で釣りをする人と一緒に釣りをしなければなりません。シンガポール国内での釣りは結構難しいですが、隣のマレーシアまで足を伸ばせばかなりいい釣りができるようです。
そんなことを話し始めると釣り人は簡単に国境を越えますね。すっかり意気投合して、店で働いている人やそこにお客さんたちと翌日一緒に釣りに行くことになりました。場所はSt John's Islandというシンガポールの南にある小さな島。フェリーで20分くらいの場所にあります。
d0147755_22282867.jpg

[PR]
by flyrdr | 2009-01-18 22:35 | フライフィッシング