<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ミノーポッパー
d0147755_2202336.jpg

今度の土曜日にテイラーを釣りにいく予定ですが、テイラーはベイトフィッシュの尻尾から食いつく習性をもっています。前回の釣りではポッパーに2回バイトがあったものの、ストライクに持ち込むことができませんでした。その反省を踏まえて巻いたフライが、写真中央のテールフックがついている3つのフライ。これでフロントフックまで飲み込まなかった魚を獲ることができるはずです。
その他のフライは、右上がトレバリー用にバルキーに巻いたポッパーで10センチくらいの大きさです。一番下の2つのフライはブリーム用の4センチほどの小さなポッパー。左上は弱った小魚を演じる横向きのフライです。
どのフライもマジックヘッドをポッパーのカップとして使用しています。マジックヘッドはルアーでいうリップの役目を果たすものとして売られていますが、ポッパーのカップとしても使えます。
使用法はインターミディエイトのラインを使い、フライが着水後すぐにラインハンドでリトリーブしてポップ音を出して使っています。また、ラインの重さを利用して少し沈めればルアーのような動きをするミノーとしても使えます。
今度の土曜日はこのフライで50センチオーバーのテイラーが目標です。
[PR]
by flyrdr | 2008-08-31 22:16 | タイイング
ナンバープレート
日本のナンバープレートは数字しか選択できませんが、オーストラリアではアルファベットも選択することが出来ます。普通のナンバープレートは数字3文字+アルファベット3文字で、ランダムに割り振られます。有料のプレートは早い者勝ちなので、人気のある人名や地名、言葉などは既に取得されているものがほとんどです。因みに自分の名前はまだ取得可能ですが、奥さんと娘の名前は既に取られています。

アルファベットのみでプレートを作ると2000ドルくらいかかります。通常は5文字か6文字ですが、7文字や2文字、1文字などの特殊なナンバーは高値で取引されます。因みに”FERRARI”という7文字のプレートは、8万ドルくらいで取引されたようです。
過去に見たことがあるナンバープレートで印象に残っているのは、フェラーリ F360 F1についていた"F1"というものや、ランボルギーニガヤルドについていた"SCARY"、ホールデンのMonaroについていた"BITE ME"、車種は忘れたけど、"NOT NOW"など。なかでもランボルギーニのSCARYは本当にSCARYでカッコよかったです。

2000ドル以上もするので買うことはできないけど、自分が欲しいナンバープレートはこれ。
d0147755_17583953.gif

アメリカの有名フライタイヤー、ボブ・ポポヴィクス氏もこのナンバープレートを持っているのを雑誌で見かけました。ナンバープレートはインターネットから申し込みが可能です。希望のナンバーがまだ取得可能かどうかも確認できます。

http://www.ppq.com.au/

因みにソルトウォーターフライフィッシャーのHoly Grailはまだ取得可能です。でもこのプレートを見て魚のことを考える人は殆どいないでしょうね。
d0147755_11343928.gif

いつかSCARYなクルマに乗って、カッコいいナンバープレートをつけたいものです。
[PR]
by flyrdr | 2008-08-29 19:38 | Brisbane
My Favourite Reel - Tibor
自分が一番気に入っているリール、Tibor。SWFFでは定番なので、性能については語る必要はないかと思います。
現在所有しているのは、Everglades2台とRiptide1台。カラーはジェットブラックとロイヤルブルーです。サテンゴールドを所有されている方が多いかと思いますが、ハンドルノブやバランサー、スプール交換用のツマミまで同色に塗られたジェットブラックは個人的にはかなりカッコいいと思います。
d0147755_959387.jpg

ブラックのEvergladesにはボーンフィッシュのエングレイビングを入れています。因みにネームプレートに名前を入れるのは無料です。もし新しいネームプレートが欲しくなったら、20ドルくらいでTibor社から直接購入可能です。もちろん名前も入れてもらえます。
d0147755_1082869.jpg

[PR]
by flyrdr | 2008-08-16 12:43 | タックル
Morning Session
早朝に釣りに行ってきました。家族が寝ている間に帰ってこようと思っていたので、釣りを出来る時間は2時間くらい。釣り場に着くと寒さが身に染みます。今朝の気温は5度。しかし今日も海パンウェーディング!

今日の目標はポッパーでテイラーを釣ること。釣りを始めて数分後にポッパーに出るが乗らず。さら数分後にいいサイズの魚が豪快にアタックしてきましたが、これも乗りませんでした。フライを見るとテールが食いちぎられていました。テイラーは名前が示すとおり、餌となる魚の尻尾のほうから食いついてきます。次回はポッパーを改造して挑戦します。
というわけで、さっさとポッパーでの釣りは諦めて、クラウザーミノーに変更。暫くバイトすらありませんでしたが、Run and Gunを続けているとヒット。30センチクラスの小型のフラットヘッドでした。
d0147755_1922727.jpg

この後、怒涛の3回連続バラシ。いい加減懲りたのでバーブつきのGamakatsu SC15に巻いたクラウザーミノーに変更して、やっと1匹追加。今度は38センチのフラットヘッド。これもアンダーリーガルサイズです。
d0147755_19275947.jpg

また場所を移動して、今度はテイラーをゲット。32センチのリーガルサイズでした。
d0147755_19481254.jpg

同じ場所でまたテイラーをゲットしましたが、これは29センチの微妙なサイズ。QLD州では30センチ以上がリーガルサイズなので、これはリリース。キープしたのが見つかると、かなり高額の罰金を払わないといけません。
d0147755_19501671.jpg


帰る時間がきたので、今日の釣りはこの魚で終わりました。次回こそポッパーで1匹ゲットしたいです。
[PR]
by flyrdr | 2008-08-10 20:15 | フライフィッシング