<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
カマスの一夜干し
先日釣ったカマスで一夜干しを作ってみました。今回は以下の手順で作りました。

1. 水5、塩1、酒1、醤油0.5の割合でたて塩を作り、背開きにしたカマスを1時間ほどつける。
d0147755_18563153.jpg


2. 水分をとって、12時間ほど干す。魚干し用の網がなかったので、洗濯物干しを使用。
d0147755_1912557.jpg


3. 干した後のカマスをラップに包んで、冷蔵庫で保存。
d0147755_19233770.jpg


4. カマスの一夜干しを焼きました。七輪で焼きたかったんですが、火をつけるのが面倒なのでオーブンで焼きました。
d0147755_1925476.jpg


結構美味かったんですが、ちょっと塩味が強かったです。次回はたて塩につける時間を30分くらいにするか、塩や醤油の割合を調整して作ってみようと思います。
[PR]
by flyrdr | 2008-04-18 19:36 |
フライ VS ルアー
土日2日続けての釣行です。

朝7時ちょっと過ぎくらいに釣り場に着くと一人のルアーマンが準備をしていました。こっちは昨日のタックルがそのまま車に入れっぱなしだったので、準備をせずにそのままポイントに向かいます。「よっしゃ、今日もフラットヘッド頂きだ」、と思いながらポイントに向かって歩いていると、例のルアーマンが走って自分を追い越し、ポイントに先に到着してしまいました。。。さすがはオージー。遠慮などはありません。まぁいいか、と自分が入りたかったポイントの少し手前で釣りはじめました。すると例のオージーがいきなりいい型のフラットヘッドを釣り上げてしまいました。自分も走ればよかった、と思うのも束の間、彼は2匹目をゲット。もうこの時点で大後悔です。

少しポイントを移動すると、自分にも待望のバイト!合わせると物凄い突っ込み、そして頭を大きく左右に振っているのがロッドに伝わってきました。これは間違いなく大型のフラットヘッド!と次の瞬間、ロッドから重さが消えてしまいました。あー、ばらしてしまった。。。折角のチャンスを台無しにしてしまいました。普段はバーブレスでもバーブ付きでも魚がばれるのには関係ないと思っていますが、こんなチャンスを逃すと、バーブレスのせいにしたくなってしまいます。
しばらくRun and Gunを続けていると、やっとバイト。引きがフラットヘッドとは違い、ギューン、ギューンとよく走ります。釣れた魚はブリーム(黒鯛)。30センチくらいの結構いいサイズでした。
d0147755_15424546.jpg

同じポイントを攻めると、またヒット。今度は丸々と太ったグッドコンディションのブリーム。これは自己最高記録の35センチでした。これくらいのサイズになると、ブリームもかなり強いです。
d0147755_15431117.jpg

さらに同じ場所でまたヒット。はじめの突っ込みはそこそこ強いけど、すぐに諦めて上がったきた魚はカマスでした。続けて20センチくらいのテイラー(ブルーフィッシュ)の子供もゲット。
d0147755_18255744.jpg

d0147755_1546628.jpg

その後、ブリームをもう1匹追加してから、カマスとテイラーがワンキャストワンヒット状態になりました。釣れてる人のところに人は当然集まってきます。しかもここらでは珍しいフライフィッシング。さっきのルアーマンは、何使ってるの?と聞きに来て真横でソフトプラスティックを投げ始めるし、子供とかはフライフィッシングって難しいの?どうやって釣るの?とか質問攻めにしてきます。しかも真後ろに立って見てるし。。。しまいには、そのルアーマンは50センチクラスのフラットヘッドをゲット。。結局潮もそろそろ止まる時間なのでそこで釣りを終わりにしました。今日の釣果は、ブリーム3匹、テイラー5匹、カマス2桁。数と魚種ではルアーよりも釣れたけど、やはり型では適いませんでした。ルアーマンと同じ場所でよりでかい魚を釣る、これは今後の課題ですね。でも実釣2時間ちょいでこの釣果、満足のいく釣りになりました。
[PR]
by flyrdr | 2008-04-14 19:25 | フライフィッシング
Doubleheader
1年3ヶ月ぶりに日本に一時帰国して、先週ブリスベンに帰ってきました。久しぶりの日本は楽しかった!!そして美味しかった!!けどブリスベンも戻ってくるとやっぱりいいところです。今回の帰国で数日間東京で仕事をしましたが、ブリスベンのこの開放感と仕事環境に慣れてしまうと、東京での生活は過酷に感じてしまいます。

さて、オーストラリアに帰国して早速釣りに行ってきました。まずは朝一に河口でフライフィッシング。先行のルアーマンに状況を聞いてみると、まだ釣れてないとのこと。彼から20メートルくらい離れたところで釣りを開始するとすぐにヒット。45センチくらいのフラットヘッドでした。

d0147755_8311513.jpg
フラットヘッドとヒットフライのクラウザーミノー

1時間くらい釣り続けましたが、その間に人がどんどんやってきます。ルアーマン、餌釣り師、家族連れ、犬の散歩、あっという間にフライをキャストできる状況ではなくなってしまいました。ということで、午前の部は終了です。

午後は久しぶりに「永遠の若者」Yoshiさんとの釣行です。Yoshiさんはブリスベンの釣り仲間で唯一のフライフィッシャー。やっぱり同じ釣りをできる仲間がいるのは嬉しいです。
Yoshiさんのゴムボートに乗り、釣りスタート。が、しばらくバイトすらなく、ボウズになる雰囲気も漂ってきました。やっぱりフライは難しい。。。すると、会話を楽しんでいる最中にYoshiさんに突然ヒット!35センチほどのフラットヘッド。この1匹で俄然やる気が出てきました。Yoshiさんがもう一本ゲットし、その後同じ場所で自分にも待望のバイト。30センチに満たないくらいの小型のフラットヘッドでした。小さくても本日の1匹目は嬉しいもの。その場所でバイトが続かなかったため、別の場所に移動。自分のクラウザーミノーにさっきと同じくらいの小型のフラットヘッドがヒット。さらに同じ場所で、やっとリーガルサイズのフラットヘッドをゲット。

d0147755_18501060.jpg
photo by Yoshi

夜はジェティでイカ釣りにチャレンジ。時間帯が干潮にあたってしまい、状況はよくありませんでしたが、1匹のアオリイカを発見。エギで攻めますが、一定の距離を保ち、エギを見ているだけで、食いつこうとしません。たまに足を伸ばしてエギを触りにきますが、くるっと周って頭のほうに足を伸ばしてきます。こいつはすごい。ここまで百戦錬磨のアオリイカ、初めて見ました。結局勝負はイカの勝ち。1匹のイカに翻弄されて納竿となりました。
[PR]
by flyrdr | 2008-04-13 18:34 | フライフィッシング