カテゴリ:フライフィッシング( 24 )
フラットヘッド
あ、ども。こんにちは。随分と更新をサボっていましたが、釣りには行っています。仕事前釣行を始めてからというもの、ほぼ毎週釣りに行き、6月から8月の間は毎回10匹前後の魚を釣っていました。釣れる魚は相変わらずテイラー、カマス、フラットヘッド、ブリームなどですが、名前の知らない魚がたまに混じったり、一度だけ小型のクイーンフィッシュも釣れました。数だけは結構釣りましたが、サイズはいまいち。テイラーは38センチが最高でした。50センチが目標でしたが、Home Riverでは厳しいですね。ブリームは33センチが最高で、カマスは44センチのビッグワンが釣れました。

9月に入り暖かくなってきてからは数は釣れませんが、フラットヘッドのスポーニングシーズンのため、いいサイズの魚が河口に集まってきます。ブリスベンでは70センチオーバーを釣るのは難しいですが、ゴールドコーストやサンシャインコーストでは、70センチオーバーも結構釣れるようです。以下の魚はすべてHome Riverで釣った魚です。


53cm Home Riverのフラットヘッドは35センチ前後がアベレージ。50センチを超えると、いいサイズと言えます。
Fly: Clouser Minnow 2/0 marine blue/white on Gamakatsu SL12S
Rod: G Loomis CC GLX 9wt
Reel: Abel Super 9
Line: Rio Tropical Outbound 9wt
Leader: Seaguar 20 lbs
d0147755_17202736.jpg



60cm 仕事前釣行での釣果。
Fly: Clouser Minnow 2/0 chartreuse/white on Gamakatsu SL11
Rod: G Loomis CC GLX 9wt
Reel: Abel Super 9
Line: Rio Tropical Outbound 9wt
Leader: Seaguar 20 lbs
d0147755_12253386.jpg



63cm 週末の混雑しているHome Riverでの1匹。
Fly: Clouser Minnow 2/0 all white on Gamakatsu SL12S
Rod: G Loomis CC GLX 9wt
Reel: Abel Super 9
Line: Rio Tropical Outbound 9wt
Leader: Seaguar 20 lbs
d0147755_12261131.jpg



70センチオーバーを釣りたいと思っていましたが、今年は釣れませんでした。普段は8番タックルをメインで使っていますが、この時期は9番タックルにフロロの20ポンドのティペットが標準です。フラットヘッドの歯は意外と鋭く、フライを飲み込まれるとすぐにラインがぼろぼろになってしまいます。

昨日の朝、仕事前に釣りに行ったら小さなトレバリーが釣れました。これから暑くなって、Home Riverにもトレバリーやジャイアントヘリング(レディフィッシュ)が入って来ないかと期待しています。
[PR]
by flyrdr | 2009-09-26 18:16 | フライフィッシング
仕事前にちょっと一振り ③
昨日の朝、仕事前に釣りに行って来ました。朝の気温は5度くらい。とても亜熱帯とは思えない寒さです。約2週間ぶりのHome Riverは、大雨の影響もすっかりなくなり、水の濁りもとれて、かなり澄んできていました。

ターゲットはテイラー。いつもはフラットヘッドをメインで狙っているため、ボトムをクラウザーミノーで攻めていますが、昨日はEPミノーで表層から中層を攻めていきました。

暫くあたりがなかったので、テイラー狙いを諦めて、クラウザーでフラットヘッドを狙おうかと考えていたら突然バイト!なぜかフラットヘッドでした。41センチのリーガルサイズ。フラットヘッドは普通は砂の中に潜って近くを通る小魚などを襲う待ち伏せ型の魚ですが、たまに中層を泳いでいるのを見かけることがあるので、結構アクティブな魚なのかもしれません。

d0147755_2243575.jpg


EPミノーでまたバイト。今度はカマス。少し場所を変えるとまたバイト。明らかにテイラーの引き。今年初めてのテイラーは36センチ。
d0147755_8351846.jpg


テイラーの写真を撮っているとペリカンが餌と勘違いしてやってきた。
d0147755_8355828.jpg


この後、今のテイラーよりも大きな魚を1匹ばらし、1匹ラインブレイク。今年のテイラーは期待できそうです。
[PR]
by flyrdr | 2009-06-12 19:46 | フライフィッシング
久々のフラットヘッド
週末、いつものHome Riverでちょっと一振り。状況は悪くなさそうでしたが、釣れた魚は一尾のみ。リーガルサイズちょうどの40センチのフラットヘッドでした。

d0147755_14491562.jpg


この魚は天麩羅となって胃袋におさまりました。マゴチはやっぱりうまいです。
[PR]
by flyrdr | 2009-06-02 19:06 | フライフィッシング
仕事前釣行再開
先々週再開した仕事前釣行。
7時くらいまでに家に戻って仕事に行く準備をしないといけないため、実釣時間は50分くらい。それでもHome Riverの魚たちは、いつも期待に応えてくれます。

5月13日 カマス7匹、モーゼスパーチ1匹
5月14日 カマス15匹

5月18日の週は、明け方にいいタイドがこなかったのと、大雨・洪水のため釣りにいかず。しかし、この大雨で釣り場の様相はすっかり変わっていました。貝殻が河口の岸を埋め尽くし、まるでWestern AustraliaのShell Beach。魚のつき場がかわってしまったようです。

5月27日 カマス3匹 (最大魚42センチのPB)
5月28日 ブリーム1匹 (33センチ)

d0147755_11572420.jpg


さて、そろそろテイラーの季節。今年は50センチオーバーが目標です。
[PR]
by flyrdr | 2009-05-30 14:42 | フライフィッシング
サメ
日曜日に数年振りにJunさんとホームリバーへ。
当日は天気もよく、釣り日和。かなりの人が釣りに来ていました。

釣果はクラウザーミノーでカマス3匹とスレで釣れたショベルノーズシャーク。Junさんはワームで本命のフラットヘッドを1匹ゲット。

d0147755_17401858.jpg


エイとサメが混ざったような不思議な魚。大きさは計ってないけど大体65センチくらいでした。
[PR]
by flyrdr | 2009-03-05 21:19 | フライフィッシング
Fishing@Home River
先日(1月31日)、オーストラリアでの初釣りに行ってきました。場所はいつものホームリバー。前回のここでの釣り11月の頭だったので、2ヶ月以上来てなかったことになります。11月頭のブリスベンは初夏。今は盛夏なので、様相はまったく変わっていました。まず気付いたのは、あれだけ沢山いたクラゲがまったくいないこと。次に気付いたのは、エイが沢山いたこと。10匹以上は見ました。大きいので幅80センチくらい。間違って踏んだりしたら、恐ろしいことに・・・

さて、そんなエイに怯えながらの久々のホームリバーでの釣り。5時から7時過ぎまで釣りして、釣果は39センチのフラットヘッド1匹と1バラシのみで終わりました。
d0147755_9522091.jpg

[PR]
by flyrdr | 2009-02-13 19:39 | フライフィッシング
Fly Fishing in Singapore - 2009 (2)
自分も含めて6人での釣行。全員フライフィッシングをします。島を歩きながら釣りを始めましたが、しばらくバイトは全く無し。かなりの強風が吹いてきたので風裏に入るとロングトムの大群が。ミノータイプのフライをキャストし、リトリーブすると魚は追ってくるけど、バイトには持ち込めませんでした。
また場所を移動し、クラウザーミノーでボトムを攻めてると待望のバイト!8番ロッドを使っていましたが、ティップが少し曲がる程度の小さな引き。ファイトする間もなくあがってきた魚は、Spanish Flagという生まれて初めて見る魚でした。15センチにも満たない小魚。2009年の釣りはこの小魚で幕を明けました。
d0147755_22364624.jpg

この島では結局この1匹のみ。同行の5人もノーフィッシュに終わりました。ソルトフライは厳しいです。

今度はピーコックバスに挑戦するためにBedok Reservoirというところに一人でやってきました。この湖は市民の憩の場になっているようで、ジョギングをする人、タイチをする人などいろんな人で賑わっています。もちろん釣りをする人もいます。でも釣りを出来るのは一部の場所のみ。写真にある桟橋のみ釣りが許可されています。この桟橋には釣り人だけでなく、いろんな人がやってきます。フライフィッシングにはかなり厳しい場所です。
d0147755_22371729.jpg

手持ちのフライで一番小さかったのが2/0のクラウザー。ピーコックバスを狙うにはこれではかなり大きいようで、事前にCohoの店員にフライ(クレイジーチャーリー)をもらってきました。ロッドも今回は8番しか持ってきていませんでしたが、シンガポール人達はいつもは4番くらいのロッドを使うようです。
さて、釣りを始めましたが、多くの釣り人が攻めている場所だけに簡単には釣れません。桟橋の一番端に移動し、その外側からキャスト。リトリーブしているとバイトらしきものが。メダカのような魚がフライの先についていました。しかしその模様は紛れもなくピーコックバス。子供の頃に開高健の本を読んで以来、憧れていた魚。しかしその魚とはあまりにもかけ離れていました。フライで釣った魚の最小記録更新です。
d0147755_22373234.jpg

これくらいの魚が5匹釣れましたが、一番大きかったのが最後に釣れた魚。それでも20センチ弱といったところです。
d0147755_22375174.jpg

こんな小魚達で始まった2009年の釣り。今年の目標は大きく、ブリスベンリバーのメーターオーバーのスレッドフィンサーモンですが、どうなることやら・・・
[PR]
by flyrdr | 2009-01-19 23:10 | フライフィッシング
Fly Fishing in Singapore - 2009 (1)
2008年の釣り納めは、結局シンガポールでボウズ。ブリスベンで年を越して、またシンガポールに出張してきました。もちろんロッド持参で。

今回は2009年初釣りも兼ねてます。ボウズだけは避けたいところ。情報収集のためにCohoというフライショップに行ってきました。シンガポールのフライフィッシングの話を聞くと、皆一様に厳しいの一言。周囲を海に囲まれているシンガポールですが、アクセスできるところは限られていて、しかもその殆どが釣り禁止。釣りしているのが見つかったら勿論罰金です。ソルトで釣れる魚は、クイーンフィッシュ、GT、バラマンディ、ターポン、ロングトム、スパニッシュフラッグなど。過去に一度だけパーミットが釣れたこともあるらしいです(ショップに写真がありました)。フレッシュの釣りはピーコックバス、アロワナ(グリーンアロワナ)、トーマンなどが釣れるらしいです。この中でのメインはやはりピーコックバス。かなりアグレッシブな魚で、魚がいるところにフライを投げればまず釣れるとのことです。因みにフレッシュもソルトと同じく、殆どの場所で釣り禁止。釣りができる場所ではルアーや餌で釣りをする人と一緒に釣りをしなければなりません。シンガポール国内での釣りは結構難しいですが、隣のマレーシアまで足を伸ばせばかなりいい釣りができるようです。
そんなことを話し始めると釣り人は簡単に国境を越えますね。すっかり意気投合して、店で働いている人やそこにお客さんたちと翌日一緒に釣りに行くことになりました。場所はSt John's Islandというシンガポールの南にある小さな島。フェリーで20分くらいの場所にあります。
d0147755_22282867.jpg

[PR]
by flyrdr | 2009-01-18 22:35 | フライフィッシング
仕事前にちょっと一振り ②
今日も仕事前に1時間ほど行ってきました。実は昨日も行ったんですが、雨&向かい風に負け、ホームリバーで久々のボウズとなってしまいました。最近不安定な天候のブリスベンでしたが、今朝はすっきりと晴れ。急いで準備して6時少し過ぎに釣り場に到着。

暫くバイトもなかったので今日も駄目かと半分諦めていたところ、ガツンとバイト。結構強い引きの魚はグッドコンディションのブリーム。前回の35センチにはちょっと及ばない33センチ。ここらへんでは満足しないといけないサイズでしょう。前回は比較物がなく、魚の大きさがわからなかったので、今日はロッドを置いて撮影しました。
d0147755_18452552.jpg


これからというときでしたがタイムアップ。これが仕事前釣行のつらいところです。今週始めてみた仕事前釣行ですが、特に仕事にも影響せず、結構いい運動になる。暫くはお預けとなりそうですが、これからも続けたいですね。
[PR]
by flyrdr | 2008-11-06 19:11 | フライフィッシング
仕事前にちょっと一振り
日本に帰ると一番耳にする言葉、メタボ。テレビでも雑誌でもどこでもこの言葉ばかり。みんな気にしすぎ&うんざりだと思いながらオーストラリアに帰国すると、こっちでもGovernmentのCMで似たようなことをやっていました。太りすぎは健康によくない、っていうことを言っているんだけど、それを見ているうちに自分も何か運動でも始めないといけないと思ってしまいました・・・
朝早起きしてランニングとか出来ればいいけど、運動すると思うと絶対に起きれない。うーん。。。そうだ、釣りがあるじゃん!! 釣りなら100%早起きできるし、砂浜を歩き回って、ロッドを振って結構いい運動になる。ということで実験的に仕事前に釣りに行ってみることにしました。

いつものようにクラウザーミノーをキャストし続けますが、バイトがありません。しかし、フライをピックアップしようとしたときに50センチくらいのフラットヘッドが水面から派手にジャンプしてフライに飛びついてきました。が、フックアップせず。これでやる気が入ってきました。でもやはりバイトはその後もなく、かろうじてカマスを1匹釣って納竿としました。

d0147755_1018099.jpg


さて、この企画いつまで続くかわかりませんが、天気とタイドがいい日はなるべく行きたいですね。
[PR]
by flyrdr | 2008-11-04 19:34 | フライフィッシング