2008年 04月 14日 ( 1 )
フライ VS ルアー
土日2日続けての釣行です。

朝7時ちょっと過ぎくらいに釣り場に着くと一人のルアーマンが準備をしていました。こっちは昨日のタックルがそのまま車に入れっぱなしだったので、準備をせずにそのままポイントに向かいます。「よっしゃ、今日もフラットヘッド頂きだ」、と思いながらポイントに向かって歩いていると、例のルアーマンが走って自分を追い越し、ポイントに先に到着してしまいました。。。さすがはオージー。遠慮などはありません。まぁいいか、と自分が入りたかったポイントの少し手前で釣りはじめました。すると例のオージーがいきなりいい型のフラットヘッドを釣り上げてしまいました。自分も走ればよかった、と思うのも束の間、彼は2匹目をゲット。もうこの時点で大後悔です。

少しポイントを移動すると、自分にも待望のバイト!合わせると物凄い突っ込み、そして頭を大きく左右に振っているのがロッドに伝わってきました。これは間違いなく大型のフラットヘッド!と次の瞬間、ロッドから重さが消えてしまいました。あー、ばらしてしまった。。。折角のチャンスを台無しにしてしまいました。普段はバーブレスでもバーブ付きでも魚がばれるのには関係ないと思っていますが、こんなチャンスを逃すと、バーブレスのせいにしたくなってしまいます。
しばらくRun and Gunを続けていると、やっとバイト。引きがフラットヘッドとは違い、ギューン、ギューンとよく走ります。釣れた魚はブリーム(黒鯛)。30センチくらいの結構いいサイズでした。
d0147755_15424546.jpg

同じポイントを攻めると、またヒット。今度は丸々と太ったグッドコンディションのブリーム。これは自己最高記録の35センチでした。これくらいのサイズになると、ブリームもかなり強いです。
d0147755_15431117.jpg

さらに同じ場所でまたヒット。はじめの突っ込みはそこそこ強いけど、すぐに諦めて上がったきた魚はカマスでした。続けて20センチくらいのテイラー(ブルーフィッシュ)の子供もゲット。
d0147755_18255744.jpg

d0147755_1546628.jpg

その後、ブリームをもう1匹追加してから、カマスとテイラーがワンキャストワンヒット状態になりました。釣れてる人のところに人は当然集まってきます。しかもここらでは珍しいフライフィッシング。さっきのルアーマンは、何使ってるの?と聞きに来て真横でソフトプラスティックを投げ始めるし、子供とかはフライフィッシングって難しいの?どうやって釣るの?とか質問攻めにしてきます。しかも真後ろに立って見てるし。。。しまいには、そのルアーマンは50センチクラスのフラットヘッドをゲット。。結局潮もそろそろ止まる時間なのでそこで釣りを終わりにしました。今日の釣果は、ブリーム3匹、テイラー5匹、カマス2桁。数と魚種ではルアーよりも釣れたけど、やはり型では適いませんでした。ルアーマンと同じ場所でよりでかい魚を釣る、これは今後の課題ですね。でも実釣2時間ちょいでこの釣果、満足のいく釣りになりました。
[PR]
by flyrdr | 2008-04-14 19:25 | フライフィッシング